先日、以前から興味のあった池上彰さんの「優しい経済学」という本を購入して読んでみました。

こういった話には疎い私でも、テレビで解説している池上彰さんの話しは非常に分かりやすく「この人の書いた本なら私でも経済の仕組みや流れがわかるかもしれない」と思ったことが購入のきっかけです。

案の定、内容は非常に分かりやすく、経済といってもどちらかというと私たちの身の回りで大きな関わりがある、預金・保険・投資・税金などについて広く、知識として吸収できればある程度応用がきくレベルの深さまでかかれており大変良書だと思います。

生活をしていると、知らなかった為損をしたということもよくありますが、この本は損をしないための知識を得るには本当に最適です。
こういったことに無関心だった私も、この本を読んでからは経済に関するニュースや新聞の記事を進んで見るようになりました。
このような内容を面白く集中して読めるように、そして読み終わったあとになんだか得したなと思わせてくれる本はなかなかないと思います。
本当に手にとって良かったです。